読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

窓を作っては壊していた人のブログ

提督の窓や成績の窓を作ってました.今では適当に好き勝手に開発をしてます.

VSCodeでの.NETアプリ開発の知見(随時追加

VSCode ネタ

問題 - ローカル環境変数設定 - エディタ周り

状況

プログラム内で環境変数が欲しい時があって,そのプロジェクトのデバッグの時とか使う時のみで設定したい. VSCode内のTaskでsourceとかしてもデバッガ起動する時の設定のlaunch.jsonを実行するshellは別物だから環境変数が引き継がれないという問題に直面.

解決策

${workspaceRoot}/.vscode以下にsettings.jsonを追加する.そこに目的の環境変数を入れ込む.

{
 "WEB.TOKEN": "hoge",
 "WEB.KEY": "fuga"
}

launch.jsonからは

...
"env": {
 "TOKEN": "${config.WEB.TOKEN}",
 "KEY": "${config.WEB.KEY}"
},
...

問題 - tasks.jsonで色々コマンド使いたい - エディタ周り

状況

.NET のプロジェクトを読み込んで自動的に作られたtasks.jsonでbuild以外のコマンドをしたくて,buildのargs内に ; で区切ってシェルコマンドを入れたけどダメだった.

解決策

そもそもトップにあるコマンドが "command": "dotnet"だからってこと.ここをMac/Linuxユーザは"sh"とかに変えておけばいい感じだった. そしてコマンドを実行するために,その下にあるargsを "args": [ "-c" ]に変更. これで万事解決かと思いきやそうではなく,tasksの要素にsuppressTaskNameが含まれていないもしくはfalseになっている場合task名が第一引数として渡される.

 "command": "dotnet",
 "args", [],
 "tasks" : [
 {
  "taskName": "build",
  "args": [
   "${workspaceRoot}/project.json"
  ]
}

みたいになっていると,dotnet build ${workspaceRoot}/project.jsonとして実行されるということ. コマンド名と関係ないtask名をつけるのであれば,"suppressTaskName": trueとして設定するといい.

結局こんな形になった(上の環境変数を設定しようとしてダメだったやつが含まれてる)

{
    "version": "0.1.0",
    "command": "sh",
    "isShellCommand": true,
    "showOutput": "always",
    "args": [ "-c" ],
    "tasks": [
        {
            "taskName": "build",
            "suppressTaskName": true,
            "args": [
                "dotnet build ${workspaceRoot}/project.json"
            ],
            "isBuildCommand": true,
            "problemMatcher": "$msCompile"
        },
        {
            "taskName": "set-env",
            "suppressTaskName": true,
            "args": [
                "source ${workspaceRoot}/.token_env"
            ]
        }
    ]
}

問題 - yo aspnetで作られたDockerfileを使ってみたけどrestoreでこける - 開発周り

状況

2016/12/3現在yo aspnetで作られるDockerfileは以下のとおり

FROM microsoft/dotnet:latest

COPY . /app

WORKDIR /app

RUN ["dotnet", "restore"]

RUN ["dotnet", "build"]

EXPOSE 5000/tcp

CMD ["dotnet", "run", "--server.urls", "http://*:5000"]

テンプレートで吐き出されるのはバージョンが1.0.1のものだけれども,今のlatestは1.1.0なのでそのあたりでも怒られる.

解決策(正しいかは別

諦めた

FROM microsoft/aspnetcore:1.0.1

COPY ./out/ /app

WORKDIR /app

EXPOSE 80

ENTRYPOINT ["dotnet", "アプリ名.dll"]

で,このDockerfileでイメージをbuildする前にdotnet publish -c Release -o outって感じで${ProjectRoot}/out 以下に吐き出す. これでデプロイできた. Dockerとかコピペでcompose叩いてたからコマンドほとんど分からなくて疲れた

なにか詰まったら随時追加していきます.